• 満足度地域No.1!!交通事故治療 click
  • 当院自慢のスポーツ障害 click
  • オススメ!女性スタッフによる美容エステ! click
HOME > 交通事故治療 > 交通事故の症状

交通事故の症状

交通事故の主な症状

交通事故の主な症状のイメージ

むち打ちとは、交通事故によるの衝撃などによって頭部が激しく動かされ、頚部などに障害が生じてしまうことです。
首や腰などの筋肉・靭帯の炎症だけで済む場合もあれば、神経根や交感神経に障害が及ぶもの、脊椎本体に障害が及ぶものなど様々な症状があります。

主な自覚症状

頭痛、吐き気、凝り、張り、脱力感、眩暈、手足の痺れ震え、耳鳴り、食欲不振、首や腰の痛み、胃腸等消化器系統の機能低下など

交通事故の外傷は、打撲や捻挫、骨折、脱臼などを伴い、また手足の運動障害・感覚障害が生じます。
それには関節を動かすと痛んだり、だるさや痺れなどの自覚症状があります。

むち打ち症とは?

むち打ち症とは?のイメージ

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」など呼ばれます。
自動車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、首がムチのようにしなることで生じるので、むち打ち症と呼ばれています。
その怪我の度合いには、首や腰の筋肉・靭帯の炎症などでおさまるもの、交感神経や神経根まで障害が及ぶもの、脊椎本体に障害が生じるものまで、様々な症状があります。
むち打ち症の大きな特徴としては、受傷の直後はあまり自覚症状がありません。現れても軽く痛む程度です。
たいていは受傷後1~2日後に症状が現れますが、1週間以上経過してから発症するケースもあります。
むち打ち症は、レントゲン検査では写らない部分が実は一番ダメージを受けているといったケースが非常に多く、整形外科などの病院で検査を受けても理由がわからないといったこともあります。
長時間待たされた挙句に、何も問題ないかのように湿布だけををもらうことになってしまうこともあります。
交通事故に遭ってしまったら、例え自覚症状がなくても、事故治療に詳しい整骨院に一度は診てもらうことを強くお勧めします。

むち打ち症には以下の種類があります。
  • 頸椎捻挫…首の筋肉や靭帯が損傷してしまい、首や肩や背中の痛みや運動制限が起きる症状です。
  • 神経根症状型とは…頚椎から出ている神経が圧迫されることで、首の痛みや頭痛、腕の痺れやだるさ、筋力低下などを引き起こす症状です。
  • バレ・リュウ症候群型…後部交感神経の損傷や圧迫により、頭への血流が低下してしまうため、頭痛やめまい、吐き気、耳鳴り、眼の疲労等が引き起こる症状です。
  • 脊髄症状型…頚椎の脊柱管を通る脊髄が損傷してしまうことで、下肢のしびれるなどの知覚異常を発生させたり、稀に膀胱直腸障害に見舞われる可能性もあります。
その他の症状

車内に衝突したり、跳ねられて地面に落ちた時などに多い症状です。
特に歩行者や自転車などの交通弱者が被害者のケースは、その損害程度も複雑で基本的には重くなる傾向にあります。
例えば・・・

  • 背部・胸部…頸部に伴った背部の痛み、シートベルトによる圧迫損傷、ハンドルに胸部をぶつけて打撲、筋肉の張り感等…
  • 腰部…腰椎がズレることによって生じる神経症状、ギックリ腰などの急激な衝撃による痛み、足へのしびれ感
  • 膝…ダッシュボードに打ち付けたことによる打撲、捻挫・膝の靭帯損傷
携帯サイト 携帯サイトはこちらのQRコードからどうぞ。
アクセス

大きな地図で見る
所在地
〒675-0021
兵庫県加古川市尾上町安田352-2
最寄り駅
山陽電鉄「浜の宮」駅から徒歩8分
JR「加古川」駅より車で10分
業務時間
【平日】
午前8:30~12:30 午後16:00~20:00
【土曜日】
午前8:00~15:00
休日
日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら